遺留分とは

遺留分とは、一定の相続人が相続に際して法律上取得することを保障されている相続財産の割合のことです。例えば、被相続人が、全財産を他人に相続させる旨の遺言を作成していたような場合でも、遺留分をもつ相続人は、遺留分の割合に相当する財産を取り戻すことができます(「遺留分減殺請求」といいます。)。

遺留分をもつ相続人(「遺留分権利者」といいます。)は、(1)直系卑属、(2)直系尊属及び(3)配偶者です。法定相続人のうち、兄弟姉妹は遺留分がありません。また、直系卑属が遺留分権利者である場合には、代襲相続に関する規定が準用されますので、相続時、被相続人の子が死亡していた場合には、孫や曾孫も遺留分権利者となります。

遺留分の割合は、相続人の構成によって異なります。まず、直系尊属(被相続人の父母等)のみが相続人となる場合は、相続財産の3分の1が遺留分となります。また、直系卑属(被相続人の子等)又は配偶者が相続人となる場合には、相続財産の2分の1が遺留分となります。ただし、各相続人が個人として上記割合による財産を請求できるわけでは必ずしもなく、各相続人の個人としての遺留分を別途計算する必要があります。すなわち、個人として請求できる遺留分は、上記の割合による相続財産に、各自の法定相続分の割合を乗じたものとなります。
たとえば、相続人が配偶者と子2名のケースでは、遺留分は相続財産の2分の1となりますが、配偶者の個人としての遺留分は、法定相続分である2分の1を乗じ、全体の4分の1ということになります。また、子の個人としての遺留分は、法定相続分である4分の1を乗じ、全体の8分の1ということになります。

遺産分割・遺留分に関する初回法律相談料は無料です ご相談のご予約は申し込みページから 遺産相続に関するご相談は 03-5293-1775 まで 受付時間は平日の9時から20時まで。全件弁護士が対応します。
日比谷ステーション法律事務所 アクセス