自分が残した遺言に相続人が素直に従うか心配です

遺言書で遺言執行者を指定することをお勧めします。遺言執行者は遺言の内容を忠実に行う義務がありますので遺言内容が実現されることになります。ただし、遺言書で遺言執行者を指定していても、指定された人には就任義務はありませんので、予め指定する人と打合せをする必要があります。遺言執行者の就任を確実にするためには弁護士を遺言執行者に指定するのが安心です。

遺産分割・遺留分に関する初回法律相談料は無料です ご相談のご予約は申し込みページから 遺産相続に関するご相談は 03-5293-1775 まで 受付時間は平日の9時から20時まで。全件弁護士が対応します。
日比谷ステーション法律事務所 アクセス