遺言書を自分で作る場合の注意点はありますか

遺言が有効なものとして認められるためには法律の定めに従うことが必要です。せっかく家族のことを思って作った遺言も形式的な不備があると無効となってしまいます。また、内容については、相続人の遺留分を侵害しないか注意が必要です。遺留分とは、一定の範囲の相続人に認められる権利で、遺言書によっても侵害できない取り分のことです。遺留分を侵害する内容の遺言も直ちに効力が否定されるわけではありませんが、相続人間で紛争が生じる可能性が高くなります。その他にも諸々の注意点がありますので詳しくは弁護士にお尋ね下さい。

遺産分割・遺留分に関する初回法律相談料は無料です ご相談のご予約は申し込みページから 遺産相続に関するご相談は 03-5293-1775 まで 受付時間は平日の9時から20時まで。全件弁護士が対応します。
日比谷ステーション法律事務所 アクセス