自筆証書遺言は絶対にやめたほうがいいでしょうか

遺言書の保管の観点からは公正証書遺言をお勧めしますが、自筆証書遺言であっても適切なアドバイスと保管方法があれば結構かと思います。作成につきましては専門家である弁護士に相談すれば書式・内容ともに公正証書遺言と同様適切なものができます。保管につきましても、作成した遺言書を信頼できる弁護士に託し、その旨を相続人に告げておけば多くの場合問題は生じません。

遺産分割・遺留分に関する初回法律相談料は無料です ご相談のご予約は申し込みページから 遺産相続に関するご相談は 03-5293-1775 まで 受付時間は平日の9時から20時まで。全件弁護士が対応します。
日比谷ステーション法律事務所 アクセス