遺言によってできること

遺言で出来る主なことには次のようなことがあります。

誰に相続させるか等の財産の処分

長男に土地を、長女には自動車を、というように誰に何を残すか指定することができます

  • 妻にすべての財産を残したい
  • 介護や老後の面倒を見てくれた息子の嫁に財産の一部を相続させたい
  • お世話になった人へ贈りたいなどの遺贈

相続人の廃除・廃除の取り消し

  • 不義理な兄弟や子など相続人の中に相続させたくないので相続人から廃除したい。
  • 一度廃除した相続人についてやはり相続させたい

子の認知

  • 生前に訳あって認知しなかった子を死後認知し、遺産を相続させたい。

後見人および後見監督人の指定

  • 未成年者子の後見人を指定することができます。( 遺言者が親権を持っている場合指定できます)

相続分の指定の委託

  • 財産の分け方を妻に委ねる、または信頼のおける弁護士などを指名することもできます。

遺産分割の禁止

  • 5年以内に限り、遺産の分割を禁止することができます。直後の分割でのトラブルを回避したい場合などに有効です。

遺言執行者の指名

  • 遺産の分割手続を任せる人(遺言執行者)を決めることや遺言執行者の職務内容を指定することができます。
遺産分割・遺留分に関する初回法律相談料は無料です ご相談のご予約は申し込みページから 遺産相続に関するご相談は 03-5293-1775 まで 受付時間は平日の9時から20時まで。全件弁護士が対応します。
日比谷ステーション法律事務所 アクセス