遺産分割協議書の作成方法

遺産の分割について相続人間で話合いがまとまったときは、「遺産分割協議書」という書面を作成します。
これは、話合いの内容を書面で確認し、証拠化することで後日の紛争を防ぐためですが、相続に関する手続でこの書面が必要となるものがありますので、この点からも作成が要請されます。
具体的には、遺産の中に不動産が含まれる場合、被相続人から当該不動産を遺産分割により取得した相続人に名義を変更する際、この遺産分割協議書を登記申請書に添付する必要があります。
また、相続税の申告が必要な場合に、法定相続分と異なった遺産分割をしたときも、遺産分割協議書の添付が求められます。この点、相続税の申告を税理士に依頼すると、税理士が申告書の他の添付書類と整合するように遺産分割協議書の内容について助言してくれることもありますので、事前に税理士に相談をされることをお勧めします。
また、遺産の中に預貯金がある場合に、遺産分割により預貯金を取得した相続人がこれを自己名義にしようとする際、金融機関から遺産分割協議書の提示を求められることもあります。
上記いずれの場合にも、各相続人は遺産分割協議書に直筆で署名し、実印を押印する必要があります。また、印鑑証明書の添付も必要となりますので、遺産分割協議書の提出が求められる手続の数に応じて、印鑑証明書の準備をしておくと円滑に手続を進めることができます。
その他形式面としては、住所は記名で足りますが、番地等、住民票どおり正確に記載すること、協議書が複数枚にわたる場合には、相続人全員の実印による契印をすること等に注意が必要です。

遺産分割・遺留分に関する初回法律相談料は無料です ご相談のご予約は申し込みページから 遺産相続に関するご相談は 03-5293-1775 まで 受付時間は平日の9時から20時まで。全件弁護士が対応します。
日比谷ステーション法律事務所 アクセス