遺産分割までの手続の流れ

相続手続の流れ

一般的な相続の流れは以下のようなものとなります。

  1. 死亡の確認
  2. 通夜・葬儀
  3. 死亡届の提出 (死亡から7日以内)
  4. 遺言の有無の確認(家庭裁判所で開封・検認手続)・遺言執行者の選任
  5. 相続財産の把握と評価・法定相続人の確定(戸籍謄本等の取寄せ)
  6. 相続放棄・限定承認等の手続(3か月以内)
  7. 準確定申告(4か月以内)
  8. 遺産分割協議(遺産分割協議書を作成)
  9. 遺産分割協議不成立の場合、調停の申立
  10. 遺産の現実の分配・不動産等の名義変更
  11. 相続税の申告・納付(10か月以内)

遺産分割に必要な調査

上記のとおり、適切に遺産分割を行い相続手続を完了するためには、最低限、

  1. 遺言の有無の調査
  2. 相続人の範囲の調査
  3. 相続財産(債務含む)の範囲の調査
  4. 相続財産の評価

といった作業が必要となります。これらの作業を十分に行わずに遺産分割を行った結果として、事後的に遺産分割が無効となる場合がありますので注意が必要です。

遺産分割・遺留分に関する初回法律相談料は無料です ご相談のご予約は申し込みページから 遺産相続に関するご相談は 03-5293-1775 まで 受付時間は平日の9時から20時まで。全件弁護士が対応します。
日比谷ステーション法律事務所 アクセス