相続放棄

相続が発生すると、資産だけでなく、負債も引き継ぐことになります。相続した資産だけで被相続人の債務を返済しきれない場合には、相続人が、被相続人の債務を肩代わりする格好となり、結果として破産をしなければならないというケースも少なくありません。
このような場合、相続放棄の手続を行うことで、法律上相続人ではなかったものとして扱われますので、資産を相続することはできませんが、負債についても全く負担しなくてよいことになります。
資産よりも負債の方が大きい場合には、相続放棄の手続をとることをお勧めします。

相続放棄は、相続の開始があったことを知った時から原則として3か月以内に行う必要があります。この期限内に何の手続もとらなかった場合には、相続を承認したものとして、資産も負債も相続することになります(法定単純承認)。
また、被相続人の資産・負債の内容や金額が不明であり、調査に時間がかかる等、3か月以内に相続放棄をするかどうかの選択が困難な場合には、この期間を延長する手続をとることもできます(熟慮期間の伸長手続)。これにより、相続放棄をできる期限を先延ばしすることができます。この手続も、相続の開始があったことを知った時から原則として3か月以内に行う必要があります。
いずれの手続をとるにせよ、期限が迫っている場合には、直ちにご相談されることをお勧めします。

遺産には大きな負債が含まれていることも
遺産分割・遺留分に関する初回法律相談料は無料です ご相談のご予約は申し込みページから 遺産相続に関するご相談は 03-5293-1775 まで 受付時間は平日の9時から20時まで。全件弁護士が対応します。
日比谷ステーション法律事務所 アクセス